茨城県水戸市大工町 やわらぎ治療室の更年期障害鍼灸・無痛整体治療

更年期障害、月経関連障害の概要

 貴女は更年期障害で苦しんではいないでしょうか?やわらぎ治療室でも更年期障害によるさまざまな症状をかかえている患者さんを治療しました。のぼせ、ほてり、異常発汗、鬱、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、精神不安定などなど、さまざまな症状があってたいへんだと思います。真冬でもセンスで顔を仰がないと辛いんです、とおっしゃっていた方などもいました。 また、医師から「更年期障害は病気じゃありませんので..」と言われ、傷ついたとお話しいただいた患者さんも多いです。現代医学的にはあまり有効な治療法は無いようで、みなさんなんとなく話に聞くもの、病院を次々試していらっしゃるようにお見受けします。

東洋医学的な治療は意外と効果がある

 

 意外に思われるかもしれませんが、更年期障害・月経困難症・月経前症候群などは血の道症と呼ばれ、東洋医学による治療が昔からよく行われています。

こうした症状は東洋医学的に診ると、血が多すぎる、逆に血が少なすぎる、血が汚れていることが原因になっていることが多いものです。これらに対応した健康食品などが様々売り出されていたりしますが、同じような症状でも先ほどのような種類があるのに加え、部分的な冷えや、ほてりなどが加わるため、単純にこれだけ採れば...とはなかなかうまくいかないように感じます。

当治療室で行う施術について

やわらぎ治療室では、ご本人に合わせて鍼灸治療により、こうした血の循環不全の改善、血の多少を調整、冷え、ほてりなど寒熱バランスの調整などで、身体全体のバランスを整えるよう施術しています。よく、「更年期のせいで肩がこるので、肩こりだけ治してほしい」などといった症状治療をイメージされる方がいらっしゃいますが、東洋医学的に診ると、根本原因である血、寒熱の問題を解消するようにしない限りあまり効果がないと思われます。根本原因を取り除くことによって初めて頭痛、気分の乱れ、のぼせ、冷え、腹痛、肩こり、背部痛、精神不安などの諸症状改善が期待できます。

こうした症状は長期間続くことが多いため、薬を常用することに不安を感じる方も多いようです。そのような心配も無く、自然に身体の内側からの改善をお求めの方、ぜひお試しください。



著者紹介

著者:和木 竜也
資格:鍼灸、按摩・マッサージ・指圧師国家資格免許
経歴:3年間鍼灸学校で学び、国家資格取得、20年以上の経験を持つ。それ以外に整体、薬膳栄養療法など健康に関する情報オタク

治療に関する概論的なもの
皮膚、感覚、肺など
生殖、婦人科系、内分泌、血液など
関節痛、コリ、疲労など
  1. 鍼灸医学的に不妊解消のために必要な二つの要素とは?
  2. 生理不順・無月経の鍼灸治療
  3. 更年期障害の鍼灸治療
  4. 重い生理痛、排卵痛、月経困難症のままでいいんですか?
  5. 不眠症が鍼灸で解消する?
  6. 低血圧解消で細胞が蘇る
  7. 冷え症解消の大きなメリットとは?
  8. 甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症と鍼灸・整体治療




当サイト内の文章、画像等の無断引用、転載は固くお断りいたします。

やわらぎ治療室では国家免許資格者が経絡治療の考えに基づき、鍼・無痛整体を行っています
[電話受付時間]
午前7時30分~午後5時30分
茨城県水戸市大工町3丁目10-7小森ビル2F
県営東町運動公園(アダストリア みと アリーナ)正門前(北)
完全予約制です。予約ご希望の方は、こちらからお願いします

コピーライト