鍼だけで大丈夫なのですか?

時々見るパターンです
鍼をすると体調が良くなる、しかしそれだけでは不十分さを感じ、アドバイスする、しかし患者さんは何もしない。
日ごろの生活に問題があるため症状が戻る、また、施術、そして一旦改善、しかしまた元に戻る。    それが続くと、やがて「体調が良くなるのはやった時だけ」とか不満を持ち始めます。

あなたはどうですか?治しに来て、治らないんだからやわらぎ治療室の性だ、と言うでしょうか?
もし、その患者さんが貧血で、それが要因となって肩こり、頭痛となっていたらどうですか?それでも上手な鍼灸院なら治るのでしょうか?
上手に鍼を刺したら、体内の鉄分が増え、赤血球が増加しますか?
もしそんなすごいところがあるのならぜひ治療前に教えてください。
鉄分以外にもさまざまな必要栄養は数えきれないほどありますが、そういった認識はありますか?
逆に身体に害があるものもあると思います。そうしたものを食べ続けても治るものなのでしょうか?

当サイト内の文章、画像等の無断引用、転載は固くお断りいたします。

目  次

やわらぎ治療室トップページ 東洋(鍼灸)医学的コラム 鍼灸・整体・マッサージの施術内容 適応症 食養生について 養生、薬膳、栄養の話 これまでよせられた質問 治療室の様子 アクセス、料金、営業時間、連絡先

茨城県水戸市大工町3丁目
県営東町運動公園(アダストリア みと アリーナ)正門前(北)

水戸市近郊で身体の自然な治療をお探しの方お気軽にどうぞ

コピーライト