不眠症が鍼灸・整体で解消する?

    この記事の目次
  1. 治療中に眠ってしまう患者様
  2. 治療中になぜ不眠症の患者様が眠ってしまうのか?
  3. 治療で何が起きるのか?
  4. 良質な睡眠を保つには自己管理も重要

治療中に眠ってしまう患者様

鍼灸治療は受けたことありますか?
治療中に眠ってしまわなかったでしょうか?もし眠ってしまったとしたらそれは不眠症治療に限らず、効果がある治療だと思います。

やわらぎ治療室では多くの患者様が治療中に眠ってしまいます。治療開始すぐに眠ってしまい、しばらく眠っていたことに気付かず、「時間をごまかしてるんじゃないですか?まだ始めたばかりでしょ」と治療後に言われたことがあるのを覚えています(笑)

治療中になぜ不眠症の患者様が眠ってしまうのか?

治療中に眠ってしまう
これは不思議なことですね。治療中というのは、鍼を刺すわけですから普通ある程度の緊張感があります。人によっては最後まで怖がっている人もいます。
しかし、それにも関わらず、眠ってしまうと言うのは、なんらかの変化を体に起こしている現れだと思います。

治療で何が起きるのか?

急に眠くなる時ってどういう時でしょうか?
それは、心配事などで気分が落ち着かない状態で眠れなくなり、その落ち着かない原因が無くなったときなどに起きますね。誰しも一度は体験したことがあると思います。

それと似たようなことが起きます。東洋医学的には気が乱れて、精神的に落ち着かない時と似た状態から安定すると、身体はこれまでの乱れの反動を取り戻すように眠ってしまいます。現代医学的にはこれを「自律神経の乱れが解消した」などと言ったりします。
治療中には緊張感でやはり眠れなかった、という方で家に帰ってから眠ったりする方もいます。

睡眠の質を保つには自己管理も重要

治療以外にもストレス源を減らすことや、気の乱れが生じないための食生活改善も重要だと思います。
「気」の安定が眠れる状態にすると同時にそれは安心した気持ちと同様な状態にしています。
それは、精神面にも良い影響があるということです。
、最近眠れないな、と思ったらお気軽に治療を受けてみてください。

治療に関する概論的なもの
皮膚、感覚、肺など
生殖、婦人科系、内分泌、血液など
関節痛、コリ、疲労など
  1. 鍼灸医学的に不妊解消のために必要な二つの要素とは?
  2. 生理不順・無月経の鍼灸治療
  3. 更年期障害の鍼灸治療
  4. 重い生理痛、排卵痛、月経困難症のままでいいんですか?
  5. 不眠症が鍼灸で解消する?
  6. 低血圧解消で細胞が蘇る
  7. 冷え症解消の大きなメリットとは?
  8. 甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症と鍼灸・整体治療
当サイト内の文章、画像等の無断引用、転載は固くお断りいたします。

やわらぎ治療室では国家免許資格者が経絡治療の考えに基づき、鍼・無痛整体を行っています
[電話受付時間]
午前7時30分~午後5時30分
茨城県水戸市大工町3丁目10-7小森ビル2F
県営東町運動公園(アダストリア みと アリーナ)正門前(北)
完全予約制です。予約ご希望の方は、こちらからお願いします

コピーライト