デザートはなぜ食後に食べるのか?

 唐突に質問ですが、みなさんはデザートをどんな時に食べますか?
「そんなの食後に決まっているじゃないですか?」という方は多いと思います。「デザートは食前に限る」と言った人を私はまだ見たことがありません。
なぜ食後に食べるのでしょう?冷静に考えるとちょっと変ではないでしょうか?
お腹がいっぱいのときになぜわざわざ甘い物を追加して食べるのでしょう?もっとお腹が空いてから食べたほうがおいしいのではないでしょうか?
これは東洋医学的に説明することができます。

食事をした後というのは身体の一部分だけがとても疲労しています。
それは胃ですね。胃は食べ物を消化するためにさかんに動き、胃酸を分泌しています。この疲労した胃の好物は?と言うと実は「甘い物」なのです。
つまり、食事で疲労した胃を甘い物を食べることによって疲労回復させているのですね。
ということで食後に甘い物を少し食べることは東洋医学的に見れば良いことなのです。がんばってくれた胃に「ご苦労様」とねぎらうようなものですね。
しかしたくさん食べ過ぎてはいけませんよ(笑)。たくさん食べ過ぎれば結局胃の疲労はさらにふえることでしょう。

当サイト内の文章、画像等の無断引用、転載は固くお断りいたします。

目  次

やわらぎ治療室トップページ 東洋(鍼灸)医学的コラム 鍼灸・整体・マッサージの施術内容 適応症 薬膳・食養生について これまでよせられた質問 治療室の様子 アクセス、料金、営業時間、連絡先

東洋(鍼灸)医学的コラム 目次

甘い物を食べるとなぜ太りやすいのか? デザートはなぜ食後に食べるのか? ツボの不思議 鍼を刺すとなぜ病気が治ったり、困った症状が良くなったりするのか? 施術の前にちょっと気になる症状チェックしてみましょう 突発性難聴・めまい・耳鳴り・耳詰り 尋常性乾癬・アトピー性皮膚炎・湿疹治療 小児喘息・喘息と鍼・整体治療 肩こり治療 腰痛治療 甲状腺機能低下/更新症治療 スポーツ鍼灸,スポーツ整体,スポーツ経絡マッサージ 股関節痛と骨盤矯正、整体、経絡マッサージ、鍼灸 腱鞘炎、バネ指 治療に関するよくある誤解 食事を考え直してみましょう(薬膳) 口内炎、口角炎の鍼治療 更年期障害の鍼治療 生理不順・無月経症の鍼・整体治療 コーヒーは身体を冷やすの?温めるの? 顎関節症治療 鍼は一度にたくさん刺すほど良いの? なぜ患部以外の場所に鍼を刺すのか? 頭痛・片頭痛の整体、鍼治療 寝違え治療 膝関節痛・オスグッド・シュラッター病治療 眼精疲労、筋肉疲労・倦怠感など疲労回復について 力が入らない方へ 鍼灸医学的にダイエットのリバウンドを考えてみる 鍼灸による不妊治療について 低血圧の鍼灸治療 冷え性・ほてり治療

茨城県水戸市大工町3丁目
県営東町運動公園(アダストリア みと アリーナ)正門前(北)

水戸市近郊で身体の自然な治療をお探しの方お気軽にどうぞ

コピーライト