コーヒーは身体を冷やすの?温めるの?

資料もないのに、理論的な説明をつけようとするのは大きな間違いだよ。人は事実に合う論理的な説明を求めず、理論的な説明に合うように、事実のほうを知らず知らず曲げがちになる。
シャーロック・ホームズの言葉   

ある時、患者さんから、「コーヒーは身体を冷やすので飲まないようにしています」と聞きました。 コーヒーは身体を温めると思っていたので私はびっくりして「えっ、???、コーヒーは身体を温めますよ」と言うと、その方は、「あ、そうなんですか、それは知りませんでした」と言って一応理解した様子でした。 しかし、その後、同じような話を2名の方から聞きました。「一体、どうなっているんだろう?私が勘違いしていたんだろうか?」と思い、ネットで検索をかけてみることに...

検索してみると、コーヒーと体温の関係を記述したものの90%くらいは「冷やす」となっています。世の中の多くの方は冷やすと思っているらしいことに初めて気付きました。ちょっと驚きです。しかしながら、私と同様にそのことに疑問を感じ、「温める」と記述している方も少ないながら確実にいます。ホッとしました。ラジオで医師が「コーヒーを飲むと身体が温まる」と言っていたという話も見つけました。コーヒーを常飲している人の体温を医学的な統計データとして調べたものがあれば良かったのですが、それは見つからず。
見つかったものとしては、

  1. 南国で取れるものであることが身体を冷やすと言う根拠になっていること
  2. コーヒーを飲むと血圧上昇するという医学データがあること
  3. コーヒーは血流改善に効果があるという医学者の研究データがあること
  4. 興奮作用があること(眠気覚ましなど)
  5. 登山家が冬山などで飲むと言われていること
がありました。

まず、1ですが、コーヒーで有名なものと言えばキリマンジャロコーヒー、ブルーマウンテンコーヒーが思い浮かびます。 キリマンジャロコーヒーはタンザニアのキリマンジャロ山の麓の町、アルーシャやモシ近くの、標高1,500mから2,500m付近のプランテーションで栽培されており、 ブルーマウンテンコーヒーはジャマイカにある「ブルーマウンテン山脈」の標高800〜1200mの特定エリアで栽培されています
キリマンジャロ山のあるタンザニア連合共和国 ダルエスサラームは 緯度-6.82292、ブルーマウンテン山脈は緯度:-3.07そして比較のために調べた沖縄県那覇市は緯度26.1312です。 
これでキリマンジャロ、ブルーマウンテンの産地は赤道付近であることがわかります。 確かに南国で栽培されています。が、よく見ていただきたいのは標高です。とても高い場所で栽培されています。そして意外なことにコーヒーの木は寒すぎても、暑すぎても栽培地としては適さないそうです。 キリマンジャロ山は確か雪も降るような山だったと記憶しています。ヘミングウェイ作の「キリマンジャロの雪」という小説、またグレゴリー・ペック主演で映画化された同名映画が有名ですね。つまりキリマンジャロ山は赤道付近でありながら雪が積もるような寒い場所で、いわゆる赤道付近として我々がイメージする酷暑の場所とは違うようです。
コーヒー栽培には寒暖の差が激しい場所が適しており、最適気温は、平均気温は20℃(最低気温15℃以上、最高気温30℃以下)だそうです。ちなみに沖縄の平均気温は23.1度で、茨城県の年平均気温13.3度です。こうしてみると、赤道付近にしてはかなり低い温度の場所が選ばれることがわかります。
つまり、南国であっても標高が高いために暑い場所ではありません。気候的にはもっと北の場所と同じような気候と考えられます。これはブルーマウンテン、キリマンジャロコーヒー以外でも同様です。 南国の気温が高い場所であれば、そこで取れたものは身体を冷やしやすいです。しかし、気温が低い場合は気温的には一般的な南国とは異なり、「南国の植物だから身体を冷やす」というのは論拠としては弱いと思います。また、気温が高い場所で育っても身体を温める植物はあります。例えば胡椒がそうです。原産地はインド南西マラバル地方。現在ではインド、インドネシア、マレーシア、ブラジルが主な産地で、コーヒーの産地とも近いですが、こちらは温めるものとして紹介されています。
身体を冷やす論拠はこれくらいでした。
そして2から4については、血圧が上昇し、血流を改善し、興奮作用があって体温が下がる。ということはちょっと考えにくいと思いますがいかがでしょうか? 血圧が上がって体温が低い人、血流が良くて体温が低い人、興奮しながら低体温な人。どれもちょっと想像しにくいです。 何事かあって興奮して血圧が上がり、脈拍数が増え、血流量上昇した場合、「カッカしてきた」という表現を耳にします。それは、どう考えても熱が高まった状態を表現しているように感じます。
興奮して血圧が上がり、脈拍数が増え、血流量上昇した場合に「寒くてブルブル震えた」という表現を聞いたことは無いです。私の知らないだけでしょうか?
5についても外国の映画などで、雪山の夜の山小屋でコーヒーを飲むシーンを何度も見た記憶があります。寒い雪山で身体を冷やす飲み物を飲んでいるとしたらとても危険です。 自分自身の子供のころの思い出として、初めてコーヒーを飲んだ後、顔が赤くなったのを覚えています。同じような経験をした方はいないでしょうか?体温が低くなるのであれば普通は青くなると思います。

コーヒーは身体に悪い。身体を冷やすものは身体に悪い。といったイメージ先行でできたお話のような気がしています。 コーヒーについてウィキペディアを見ると元々医薬品として用いられ、また悪性腫瘍の項には、悪性腫瘍は低体温が悪影響を与えやすく、無糖コーヒーはお勧めの飲み物として記述されていました。これもコーヒーが身体を冷やすとするとつじつまが合わなくなります。
ちなみに身体は冷えすぎると良くないですが、温めすぎも良くありません。中間の状態が健康です。
ざっと調べてやはり私にはコーヒーは身体を温める。としか思えませんでした。私の知らない「コーヒーは身体を冷やす」というもっと強い根拠があれば教えていただければうれしいです。

追記:上記文章を書いて数年経ち、改めてコーヒーと体温の関係について検索してみました。
なんかこのページと内容が似通っているものがちらほらあったり、この文章が影響したのかどうかわかりませんが、温める、と書いてあるものも当時と比べて増えてきました。
ただし、温めるけれど、それは短期であり、長期で見ると冷やすのだ、という記述も見ることができます。
それらをいくつか読んでみましたが、やはりなぜそうなのか?実際にそういう人をたくさん見たのか?といった観点では特に記述は無く、
私自身の経験、私が日ごろ診る患者さんの体調からも長期では冷やす、という印象がなく、やはり依然としてコーヒーは長期でも短期でも身体を温めるものではないかと思っています。

さらに最近コーヒーと体温の関係を医学的に調査し、体温を高める。という調査結果が海外で発表されているのを見つけました。逆に冷やす、というのは無いようなのでやはり温めるということで正しいようです。

当サイト内の文章、画像等の無断引用、転載は固くお断りいたします。
目  次
東洋医学的コラムトップページ 経絡マッサージ・整体・鍼の水戸やわらぎ治療室トップページ
東洋医学的コラム 目次
甘い物を食べるとなぜ太りやすいのか?

デザートはなぜ食後に食べるのか?
 
鍼治療におけるツボの不思議
 
鍼を刺すとなぜ病気が治ったり、困った症状が良くなったりするのか? マッサージ・整体・鍼の前にちょっと気になる症状チェックしてみましょう 突発性難聴と鍼治療
 
アトピー性皮膚炎・乾癬と鍼・整体治療
ぜんそくと鍼・整体治療
肩こりと鍼・整体・経絡マッサージ治療
腰痛と鍼・整体・経絡マッサージ治療
甲状腺機能低下・更新症と鍼・整体治療
スポーツ鍼灸,スポーツ整体,スポーツ経絡マッサージ
股関節痛と骨盤矯正、整体、経絡マッサージ、鍼灸 腱鞘炎、バネ指と無痛整体、鍼治療 風邪薬で風邪は治らない!? 治療に関するよくある誤解 食事を考え直してみましょう(薬膳) 口内炎、口角炎の鍼治療 更年期障害・月経困難症・月経前症候群の鍼治療 無月経の鍼治療 コーヒーは身体を冷やすの?温めるの? 顎関節症の鍼・整体治療 鍼は一度にたくさん刺すほど良いの? なぜ患部以外の場所に鍼を刺すのか? 頭痛・偏頭痛の整体、鍼治療 寝違えの整体、経絡マッサージ、鍼治療 膝関節痛・オスグッド・シュラッター病の整体・経絡マッサージ・鍼治療 眼精疲労、筋肉疲労など疲労回復について 力が入らない方へ

茨城県水戸市大工町3丁目
やわらぎ治療室

水戸駅近辺、水戸市近郊(茨城町、小美玉市、那珂市、ひたちなか市、常陸太田市、鉾田市など)で身体の自然な癒しをお探しの方
お気軽にどうぞ

コピーライト